リフィルって何?

リフィルって何?

のどが渇いたときに、誰もが気軽に使える水飲み場や給水機、マイボトルに無料で水を入れてくれるお店などの「給水スポット」を増やし、利用を広げましょう。

Refill Japanは、日本全国に給水スポットを広げることで、ペットボトル等の使い捨て容器入り飲料の利用を減らし、環境負荷の低減と魅力的なまちづくりを推進する活動のプラットフォームです。

地域で給水スポットづくりに取り組む団体、自治体、企業等、様々な主体がプラットフォームに参加することで、日本中にリフィルの波を起こしましょう。

Why refill?

なぜリフィルなの?

今日、ペットボトル等の使い捨て(ワンウェイ)容器に入った飲み物を買って飲む消費スタイルは、ごく一般的になっています。
日本では、年間227億本(※注1)のペットボトル飲料が生産されていますが、リサイクルが定着し、約9割がリサイクルされているため、多くの消費者は「分別してリサイクルすれば大丈夫」と錯覚してきました。

しかし、ペットボトルをリサイクルしても、石油資源から作るボトルの生産、重い液体の輸送、販売段階での冷蔵、飲んだ後のボトルのリサイクルといった、商品の一生(ライフサイクル)で、多くの資源とエネルギーを消費し、CO2を排出します。(詳細は水Do!公式サイト ライフサイクルの環境負荷を考えよう

また、一部の不適切に排出されたペットボトルは海や山など自然界を汚染しています。

日本は全国ほぼどこでも、質の高い水道水が供給されており、水道水を選ぶことで、ペットボトル飲料の消費は回避できます。

※注1 2017年統計(ペットボトルリサイクル推進協議会2018年度報告書)

What's good?

リフィルでどんないいことがあるの?

給水スポットが街中にたくさんあれば、いつでものどを潤したり、空になったマイボトルに水を入れることができて、便利で快適、お財布にもやさしい!それだけでなく、地球環境や地域社会にたくさんのメリットがあり、SDGsの実践になります。

  • 環境負荷を低減する

    つくる責任つかう責任 気候変動に具体的な対策を

    ペットボトル飲料でなく、水道水を選ぶことで、限りある地球の資源を節約し、CO2排出量を大幅に減らすことができます。(蛇口から出る水を飲めば、CO2排出量は、輸入ペットボトル飲料水の1,000分の1(東京都水道局)

  • 身近な水資源保全への関心を高める

    海の豊かさを守ろう 緑の豊かさも守ろう

    「飲む」ことを通して、水源である川、森林、地下水や、その先にある海の保全を意識した行動につながります。

  • 基本的人権としての水確保、熱中症対策

    すべての人に健康と福祉を 安全な水とトイレを世界中に

    水は、誰もが生きていくのに欠かせない基本的人権です。水分補給のインフラを用意することは、、公共の責任です。熱中症を防ぐためにも、最も重要な対策です。

  • 魅力的なまちづくり、新たなコミュニケーションの創出

    住み続けられるまちづくりを パートナーシップで目標を達成しよう

    街にすてきな水飲み場や給水ステーションを増やすことは、魅力的なまちづくりにつながります。また、店舗での給水サービスの提供や、ゆっくり淹れたお茶は、新たなコミュニケーショのきっかけになり、人の「和」が広がります。

How to develop?

どうやって給水スポットを広げるの?

Refill Japanの給水スポットの大原則は、

  • 誰もが無料で利用できること
  • 水道水が飲めること

給水スポットのスタイルは、いわゆる水飲み場、冷水機、マイボトル用給水機等のインフラに加えて、協力店舗での給水サービス等、多様なスタイルを想定しています。

Refill Japanは、以下のようなアプローチで給水スポットを広げることを推奨しています。

Step 1

既存のインフラの最大活用、周知拡大

カフェ等の店舗での給水サービスの提供、既存の水飲み場の設置状況確認、マップ化等による周知、利用の呼びかけ

Step 2

イベント会場、街中での仮設によるPR&ニーズの把握

仮設給水機(水道直結orタンク)を設置、アンケート、実証実験等を実施。
※Refill Japan水道直結式仮設給水機のリース(貸出)をご希望の方は、事務局<E-mail>までお問い合わせください。

Step 3

街中の常設インフラ導入の働きかけ

自治体、交通機関、商業施設等に働きかけ

※地域Refill団体として活動いただける場合は、より詳細なマニュアルをご用意しています。こちらをご覧ください。

ABOUT US

運営団体 水Do!ネットワーク

「水Do!(スイドゥ)」は、ペットボトルなどの使い捨て容器入り飲料の消費を減らし、水道水を選ぶことで、環境負荷の低減と地域の水資源保全、人にやさしく潤いのあるまちづくりを推進するキャンペーンです。2010年6月、国際環境NGO FoE Japanの活動としてスタートし、2014年度より活動をより大きく展開するため、賛同団体で構成するNGO「水Do!ネットワーク」により運営しています。

水Do!ネットワーク公式サイト

partnership

イギリスのRefillと提携

Refill Japanは、2015年にイギリスのブリストルで始まり、イギリス全土および他国にも広がっている給水スポット拡大キャンペーンRefillと姉妹提携しています。 国内の活動はそれぞれの戦略で展開しつつ、地球規模の環境問題の解決に向けて、国際的な共同アクション等で「リフィル革命」を起こします。

Refill UK公式サイト

Refill Japan(リフィルジャパン)